ボルタリングの魅力ってズバリなに?

imasia_9322668_S

巷で人気のボルダリング。
最近ではTVなどで見かけることも増え、そこまでメジャーなスポーツというわけでもないのに、競技人口が意外と多いことに驚いた人もいるかと思います。
都内を中心に色んなカタチのジムがあり、人気の高さがうかがえます。
そんなボルタリングの人気の秘訣はどんなところにあるのか、その人気と魅力に迫ります。

imasia_9322668_S

とにかくお手軽

なんといってもボルダリングはお手軽に始められることが魅力のひとつになっています。
スポーツだと用意するものが多そうなイメージがひとによってはあるかもしれませんが、ボルダリングを始めるときに用意するものといえば、動きやすい服装(ジャージやスポーツウェア)、クライミングシューズ(ボルダリングギア)、滑り止めのチョークぐらいで、このうちクライミングシューズとチョークは基本的にはジムで貸し出しのものがあります。
つまり、ボルダリングをやるときはジャージなどの動きやすい服装を準備するだけで、誰でもすぐに始めることができるのです。
ボルダリングジムの料金はピンキリですが、高い場合は様々な特典やサービスがついていたり、道具の貸し出しが無料だったりします。
この初期費用の低さと始めやすさは、なかなか他のスポーツにはないボルダリングの大きな魅力になっています。

一風変わった「ゲーム性」

ボルダリングは壁に設置された「ホールド」という石を登っていくスポーツです。
少しロッククライミングに近いものを想像してしまいがちですが、ボルダリングは筋力よりも知力を使うことの多い、非常にゲーム性の高いスポーツになっています。
ロッククライミングとの違いは、ロープなどの道具を使わないこと、さほど筋力が必要ないこと、ホールドを決められた「ルート」で登ることです。
ロッククライミングではロープなどの使い方がわからないとできないものですが、ボルダリングはそもそも道具を一切使わないので、だれでもすぐに始められます。
また、ボルダリングは筋力よりも全身の動かし方を重視するスポーツなので、女性や子供はもちろん、運動や筋力に自信がない人でも楽しむことができます。
そして、「ホールドを決められたルートで登る」という点がボルダリングの一番のミソで、一部では「カラダを使ったチェス」と言われることもあります。
手もしくは手足が指定されたホールド以外は使えない状態で、ゴール(G)と書かれたホールドにたどり着くか天井にタッチするとクリアというのがスタンダードなルールです。
指定されたルートの難易度が高くなると、ただ闇雲に登るだけではゴールしにくくなり、体重移動や身体の動かし方などのひと工夫が必要になってきます。
高い難易度を攻略するボルダリングのゲーム性に夢中になる人は多いようです。

ダイエット効果も

ボルダリングにはダイエット効果が期待できると言われています。
体重移動やボルダリングでの動きはインナーマッスルを刺激するので、代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。
また、身体全体の筋肉を知らないうちに使っているので、続けていくと少しずつ筋肉がついてきます。
ボルダリングを続けながら食事にも気を使うようになると、自然と健康的なダイエットにつながります。
その証拠に上手い人たちは引き締まった身体になっていて、「痩せている人ほど有利」なスポーツと言われるのも納得できます。

お手軽で、高いゲーム性があり、ダイエット効果も期待できる、夢のような要素がつまっていることがボルダリングの魅力です。