慣れてきたら身に着けたいボルダリングのテクニック

ボルダリングを楽しむ

ボルダリングを始めてみたがなかなか上達しない、いつも同じ所で落ちてしまうということはありませんか?ボルダリングは、力があればできるスポーツではありません。手で掴む位置、足を乗せる位置が違うだけで登れなかったり落ちてしまったりします。ボルダリングを上達するために、ボルダリングのテクニックを覚えておきましょう。

ここでは、ボルダリングのテクニックを紹介します。

ボルダリングを楽しむ

 

最初は意識しよう

ここでは初心者に向けての基本的なテクニックを紹介します。

ハシゴを登るように

ハシゴを登るようにホールドを登るようにしましょう。右足をホールドに乗せたら右手でホールドに手をかける。左足でホールドに乗ったら左手でホールドに手をかける。このように「足・手・足・手」の順番で登ることがボルダリングの基本的な登り方です。手は落ちないように体を支え、足で登っていくようなイメージです。

掴んでいる時は腕を伸ばす

落ちないように腕を曲げていると、無駄な力を使ってしまい体力の消耗に繋がります。また、壁にぴったりと張り付くように腕を曲げていると足のホールドを探すことが難しくなります。腕を伸ばすことで、視野が広がり次の動作に入りやすくなります。手でホールドを掴んでいる時は腕を伸ばすようにしましょう。

届かないなら足をあげよう

誰でも一度は「届かない場所にホールドがある」という経験をお持ちだと思います。手の届かない位置に目的のホールドがある場合は、足のホールドを一段上げて見るようにしましょう。目的のホールドがある側の足を上げ、そこに体重をかけることで届かなかったホールドに届くことができます。

左右の足を入れ替える

ホールドの上で左右の足を入れ替えることができれば、より遠くにあるホールドを掴むことができます。左右の足を入れ替えるには「三点支持」ができなければいけません。三点支持とは、両手と片足で体を支えることをいいます。両手をホールドにしっかりかけて腕を伸ばし、片足がしっかりつま先でホールドの上に立っていれば足を入れ替えることは簡単にできます。手でホールドを持つ時は指をかけるようなイメージで持ちましょう。
 

慣れてきたら

ここでは、ボルダリングが慣れてきた人に向けて、テクニックを紹介します。

体を回転させる

体を平行にして登ることが基本ですが、この動作に腰のひねりを加える事でより遠くのホールドに届きやすくなります。高い位置にあるホールドの方向に体を回転させ、かかとをその方向に向けることで届かなかったホールドに届きやすくなります。コツとしては、つま先立ちを欠かさないことです。かかとを着けてしまうと次の動作がしにくくなります。

体を壁に離したりくっつけたりする

ボルタリングの基本の姿勢は、腕を伸ばして体が壁から離れていることです。しかし、壁から体が離したりくっつけたりすることがより上手に登れるようになります。足をあげるときは腕を伸ばし、体を壁から離すようにしましょう。手でホールドをかける時は腕を伸ばし体は壁にくっつくようにしましょう。

体を降る

届かない位置にホールドがある時、足の位置を変えたりして届くようにしますが、それでも届かないということもあります。そういう時は、最終手段として体をおもいっきり降って無理やりホールドに届くようにしましょう。

レストする

腕が疲れてホールドを持つことができなくなった状態のことを「パンプ」といいます。パンプを回復させるために片腕ずつ降って、腕の休憩をすることを「レスト」といいます。つかみやすいホールドを片手でしっかり掴んだらもう片方の手をだらんと下に下げて降りましょう。またこの動作は、ボルダリング中にチョークをつける動作にも使います。
 

足の使い方

足はただつま先立ちをしていればいいわけではありません。ホールドの形によって立ち方を工夫しましょう。

インサイドエッジ

ボルダリングで最も使われる立ち方です。親指側に力を入れ、かかとを上げます。かかとを上げることで、よりつま先に力を入れることができます。

アウトサイドエッジ

親指以外の指で立つ方法のことを言います。この立ち方を使うホールドでは、おもに体を捻る動作が多くなります。体を捻った時に落ちないように、足の指でホールドを掴むようなイメージで立つようにしましょう。

スメアリング

インサイドエッジとアウトサイドエッジが使えないホールドでスメアリングを使うようにしましょう。スメアリングは摩擦力を利用した立ち方で、シューズのソールがホールドにぴったりくっつくようにして立ちましょう。ソールの面積が広いほど立ちやすいです。
 

おわりに

紹介した以外にもボルダリングのテクニックはあります。ボルダリングの基本のテクニックを覚えておきましょう。また、登り始める前にイメージトレーニングを行うようにしましょう。